• トップ

部下の忍耐力を育てる

ビジネスでの部下の育て方

ビジネスで忍耐力を養う方法

ビジネスでの育成で部下の忍耐力を養うのは難しいものです。叱るとすぐに辞めてしまうからと、ミスをしても注意できないケースも見られます。けれども放置しておくことは、本人のためにもなりません。そこでいかに上司としてビジネス上で部下に接し、忍耐力をつけるかを知る必要があります。まず最初に求める成果を出せないような時には、じっくりと考えさせることが必要です。ただ単に叱って放置では、本人もやる気を失います。けれどもビジネス上のミスの原因を部下に考えさせることで、次第に忍耐力が養われるようになります。また上司自身がそのような取り組みをする姿を見せることも大切です。単に指示を出すだけでは、なかなか思うようには動いてくれないものです。最初にビジネスの手本を見せることで、部下も忍耐力を持って学ぶようになります。そして質問には忙しくてもきちんと耳を傾けること、失敗をしたら上司として責任を負うことも大事です。このような心がけにより、ビジネスにおける上司自身の取り組みを部下に示すことができますし、忍耐力とは何かを教えることにつながります。決してすぐに結果を求めるのではなく、じっくりと学ぶことを待つという姿勢が必要です。

バックナンバー

↑PAGE TOP